期待収益率は不確実?期待収益率の意味や計算方法について解説




投資を行う際に、期待収益率という言葉を聞く機会があると思いますが、期待収益とはいったいどのようなものでしょうか。

この記事では、期待収益率の概要と投資の収益の種類・計算方法についてご説明します。

期待収益率とは

期待収益率とは、投資によって投資家が獲得することを期待できる収益(リターン)の平均値のことをいいます。

期待収益率は、要求収益率ともいわれます。この期待収益率は、投資する資産によって異なります

たとえば、収益物件(賃貸経営を行い定期的に収益を得るためのマンションやテナントビル等の不動産)に投資した場合、その不動産投資の運用によって期待できる収益が発生します。この収益の平均値が不動産投資の期待収益率となります。

預金や国債等は最初から収益が固定されており、比較的安全な投資といえますが、株式や外貨への投資等は値動きがありますので、収益が不確実な投資となります。

不確実な収益の投資はリスクがあると考えられますが、このようなリスクがある分、期待収益率が高まる傾向があるのです。

投資での収益の種類

インカムゲインとキャピタルゲイン

投資において、収益は次の2種類があります。

インカムゲイン

インカムゲインとは、利子のような収益のことで、つまり、投資した資産そのものが生み出す「投資の果実」となる収益です。

インカムゲインの種類には、次のようなものがあります。

  • 銀行預金による金利
  • 債券の利息
  • 株式の配当金・株主優待
  • 投資信託による収益分配金
  • 不動産の家賃収入

キャピタルゲイン

もう一つの投資の収益として、キャピタルゲインというものがあります。キャピタルゲインとは、投資した資産そのものを売却して得ることができる収益、つまり値上がり益のことです。

キャピタルゲインの最大の特徴は、その資産を売却した収益を得ることができるのは、1回のみであることです。

株式や不動産等の資産には値動きがありますので、売却しても損失の方が大きくなる可能性があります。つまり、その資産の投資時(購入時)よりも値段が下がっている時点で売却すれば損をしてしまいます。これはキャピタルロスという投資におけるリスクとなります。

期待収益率の計算方法

期待収益率
意外と簡単な期待収益率の計算方法

株式投資における期待収益率の計算方法をご説明します。

個別資産の期待収益率の計算方法

  • 期待収益率=Σ{(実現しそうな収益率)×(各状況の収益率)}

個別資産の期待収益率は上記式によって求めることができます。イメージがしやすいように、もう少し具体的な事例を挙げて説明します。

例えば、ある株式は景気変動によって次のように収益率が変動するとします。

  • 30%の確率で好景気となり、収益率は25%
  • 50%の確率で現状維持となり、収益率は15%
  • 20%の確率で不景気となり、収益率は1%

上記のデータをもとに、この株式の期待収益率を計算すると、次のとおりです。

  • 期待収益率 =25%×0.3+15%×0.5+1%×0.2 =15%

つまり、この場合には株式の期待収益率は15%です。

ポートフォリオの期待収益率の計算方法

ポートフォリオ理論は、分散投資のメリットを数値にして説明するものです。

ポートフォリオの期待収益率は、次の2種類の方法で求めることができます。

各資産の期待収益率の加重平均

例えば、期待収益率25%の株式Aと、期待収益率15%の株式Bを、7:3の割合で投資する時、ポートフォリオの期待収益率は次のように求めます。

  • 期待収益率 =25%×0.7+15%×0.3 =22%

しかし、この計算方法で求めた期待収益率を用いると、分散や標準偏差の数値に誤りが発生します。リスクまで計算するなら、次の計算方法をご利用ください。

各状況のポートフォリオの期待収益率の加重平均

例えば、円高になる確率が30%、不変の確率は50%、円安になる確率が20%となる株式の為替相場があります。

この為替相場で、株式Aの収益率は円高で25%、不変で5%、円安で1%とします。また、株式Bの収益率は円高で1%、不変で15%、円安で25%とします。

まず、株式Aに70%、株式Bに30%の資産を投資する場合、円高・不変・円安の各状況のポートフォリオの収益率は次のとおりになります。

  • (円高)25%×0.7+1%×0.3=17.8%
  • (不変)5%×0.7+15%×0.3=8%
  • (円安)1%×0.7+25%×0.3=8.2%

次に、各状況の発生確率の加重平均により、ポートフォリオの期待収益率を求めることができます

  • 期待収益率 =17.8%×0.3+8%×0.5+8.2%×0.2 =10.98%

まとめ

いかがでしょうか。今回は期待収益率についてご説明しました。

期待収益率は、投資において投資家が最も注目すべき項目のうちの一つともいえます。

投資をしてどのくらいの収益が獲得できるかどうか、常に把握できるようにしておくとよいでしょう。

また、投資の種類によって期待収益率は異なりますので、この期待収益率が高いものを選ぶとよりハイリターンな投資活動が可能となります。