レバレッジは「てこの原理」?FXにおけるレバレッジのメリットとデメリット




FXを利用する際に、「レバレッジ」という言葉を耳にすることが多いかもしれません。

この記事では、レバレッジの意味やメリット・デメリットについてご説明します。

レバレッジってどういう意味?

レバレッジとは、てこの原理を意味します。

てこの原理は、支点を中心として力点に力を入れると、てこが回転し、作用点が動くことです。作用点にある物体が重くて、手の力では持ち上げられなくても、てこの原理を使えば、軽く持ち上げることができるのです。

レバレッジも、てこの原理とよく似た作用があります。最初に預けた資金の何十倍までにも上がる取引をすることができるのです。

FXを行う際に最も重要なのは、このレバレッジが資金効率を上げているということです。

レバレッジのメリット

少額でも大きなリターンを獲得できる

1米ドルが100円の時、1万米ドル(100万円)の投資をしたいと考えた場合、外貨預金では当然最初に1万米ドル分の資金が必要となりますよね。

しかしFXの場合、1米ドルが100円の時に4万円分の証拠金で1万米ドル(100万円)のポジションを手に入れられます。この場合では、25倍のレバレッジを利かせているということです。

このように、少額でも大きなリターンを獲得できるのがレバレッジのメリットの一つです。

投資効率が高くなる

例えば、1米ドルが100円の時、為替相場が円安となり、1米ドルが110円となった時にポジションを決済すれば、1米ドル辺り10円の為替差益が発生したことになります。

つまり、1万米ドルを最初に投資しているので、1万米ドル×10円で10万円を得られるのです。このように、5万円の証拠金で2倍の10万円のリターンを獲得できました。これがレバレッジの投資効率を高める仕組みです。

レバレッジのデメリット

ポジションを多く持ってしまう

レバレッジが高い=少額の証拠金でポジションを大量に持つことができることになります。

例えば、100万円の証拠金を用意していても、100万円全額でポジションを獲得することもできます。このような取引は損失が多くなる可能性が高くなります。

しかし、実際にはレバレッジのリスク回避のために「ロスカット」がありますので、損失が膨大になる前に自動で強制的に取引を終了させることができます。

FXはリターンだけでなくリスクにも気に掛ける

FXでは、低い証拠金で高い資金を動かせるレバレッジがとても魅力的ですが、だからといって大きいポジションを獲得しすぎると、リスクも比例して高くなります。

純資産額に対する現在のポジションが何倍に達しているかを示した数値を実効レバレッジといいますが、この実効レバレッジを意識することで、レバレッジのリスクを抑えることができます。

FXでは、リターンだけはなく、リスクにも気にかけながら取引を行うことが重要です。