FXのポジションとは?為替の基本用語を理解しよう

FX(外国為替証拠金取引)では、「安く買って、高く売る」もしくは「高く売って、安く買い戻す」ことで利益を狙います。

この「買う」もしくは「売る」ことを、「ポジションを持つ」と表現されることがあります。

今回の記事では、FXの用語であるポジションとは何か、わかりやすく解説します。

FXのポジションとは

FXの「ポジション」とは、ある通貨を購入(ロング)したり、売却(ショート)したりしている状態を指します。

「建玉(たてぎょく)」という言葉が用いられることもありますが、これもポジションと同じ意味です。

また、ポジションを新規に持つことを「ポジションを建てる」「ポジションを大きくする」と言うこともあります。

ロングポジションとショートポジション

FXにおけるポジションには、2種類があります。ロングポジションとショートポジションです。それぞれ、どのようなものなのか解説します。

ロングポジションとは

ロングポジションとは、「買いポジション」のことです。

つまり、チャートが上昇すると利益を得られる方向にポジションを持っていることをいいます。ロングポジションに加え、後述するショートポジションを同時に保有している場合もあります。

しかしこの場合も、ロングポジションを多く保有しているなら、チャートが上昇すると利益を得られる状態にあるはずです。

そのため「ロングポジションを保有している」ことになります。

通例としては、ドル円(USD/JPY)の通貨ペアで1万ドルを購入している場合には、「1万ドルのロングポジションを持っている」などと言われます。

ただし、ショートポジションを決済し、買い戻す場合には、ロングポジションを持ったことになりません。

あくまで、買い増しを含む「新規の買いポジション」に対し、ロングポジションという言葉を使います。

ショートポジション

ショートポジションとは、「売りポジション」のことです。

つまり、チャートが下落した場合に利益を得られる方向にポジションを保有している状態のことをいいます。

繰り返しとなりますが、ロングポジションを同時に保有している場合でも、ショートのほうが多ければ、ショートポジションを持っていることになります。

FXの特徴として、株式投資と比較するとショートポジションが多用されやすいことがあります。

ショートポジションは「空売り」に近い仕組みです。「証拠金」という担保を元手とすることで、あなたが保有していない通貨を「新規」で売ることができます。

その後、チャートが下落したタイミングで買い戻すことで、その差額の利益を得られます。

ただしこちらも同様に、ロングポジションを決済し売却する場合には、「新規」に売っているわけではないので、「ショートポジション」を持ったことにはなりません。

「ポジション」に関するその他の用語

ここからは、プラスαの知識として、ポジションに関連する用語をご紹介します。

ポジションメイク

新規で、これからポジションを作ることです。ポジションを作る(=メイク)から来ています。

ネットポジション

ロングポジションとショートポジションを「同数量」保有している状況を、ネットポジションといいます。日本語で「両建て」と呼ぶこともあります。

FXでは、ロングポジションとショートポジションを同時に保有することができます。

このとき、ロングとショートの枚数が異なっている場合はネットポジションとはいいません。

まったくの同数量を保有していることで、事実上ポジションを保有していないのと同じ状態になっている(損益が固定されている)と、ネットポジションです。

ただし、ネットポジションや両建てについては、一部のFX会社で禁止されていたり、推奨されていなかったりするケースがあるので注意しましょう。

ポジションの「決済」とは

FXでは「ポジションを決済した」という言葉を使うことがあります。決済とは、ポジションを解消(手じまい)することです。

つまり、ロングポジションを売ったり、ショートポジションを買い戻したりした場合には、決済をしたことになります。

FXでは原則として、ポジションを持つことと、決済はセットで行われます。

決済したときにはじめて、ポジションを持ったレートとの「価格差」によって、損益が確定するからです。

ちなみに「ポジションクローズ」という言葉がありますが、これも決済と同じ意味となります。

FXの「ポジション」まとめ

ここまで解説したように、FXの「ポジション」とは、「買い」や「売り」を保有している状態のことです。

FXを取引するにあたっては、ポジションの意味を正しく理解し、適切な量のポジションを保有するように心がけましょう。

スポンサーリンク