株式投資とFXの違いとは?FXがハイリスクと言われる理由

この記事の監修

綿引紀一(わたびき のりかず)

綿引紀一(わたびき のりかず) ファイナンシャルプランナー

株式会社Style
生命保険協会認定FP 2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家検定)

日産自動車株式会社 座間工場 勤務を経て、1998年、アクサ生命保険株式会社に入社。2001年 MDRT入会し、同年、営業所長に就任。2010年には統括部次席に。
2014年 アクサ生命保険株式会社を退職したのち、2015年 株式会社 Style (生命保険10社/損害保険2社 取扱い)〜現在に至る。
資産づくり、資産運用、医療系を得手としている。
趣味はゴルフ・カラオケ。

お金や投資に関心がある人なら「株式投資」や「FX」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

株式投資とFXはよく似た仕組みの金融商品なので、どちらを選べば良いのか迷うこともあるでしょう。しかし、両者のリスクとリターンは大きく異なります。

この記事では、株式投資とFXの違いを解説していきます。

株式投資とFXの違い

「株式投資」も「FX」も、マーケットのどこかに投資して価値が上昇するのを待つという点では同じです。しかし、投資の対象や最低投資金額など、細かなルールは異なります。

株式投資FX
投資の対象企業通貨
最低投資金額一単元株 数万円〜最低4円〜
レバレッジなし〜最大3倍程度最大25倍
取引時間平日 9:00〜15:0024時間

株式投資とFXのどちらを始めるべきかは「どのくらいの資産をいつまでにどれくらい増やしたいのか」によって、変わってきます。

FXは「ゼロサムゲーム」

FXはリスクが高いと言われています。
それは、FXが「ゼロサムゲーム」だからです。ゼロサムゲームとは、誰かが得をしたら別の誰かが同じだけ損をする仕組みのことです。

FXは為替差益を狙って利益を出すので、あなたが得をすれば、世界の誰かが為替差損を被っていることになります。

一方、企業や市場の成長によって全ての人が利益を得られる可能性もあるのが株式投資です。

株は「投資」FXは「投機」

株とFXは売買のシステムは似ていますが、利益を出すための考え方は大きく異なります。

株は成長可能性がありそうな企業に投資し、株価が上がるのをじっくりと待つのが定石です。

一方のFXは為替の変動によって利益を得るため、理論上は高額を投資すれば一晩で大きな儲けを得ることも可能です。もちろんこれは、裏を返すと一晩で大損する可能性もあるということです。

長い目で資産を増やす「投資」に対して、FXはタイミングを見極めて短期で利益を出す「投機」と言われます。

株式投資は、クリック225などレバレッジをかけた指数連動型を除き、基本的には「現物取引」です。つまり、株価が下落して損した場合でも、保有金額が0円以下になることはありません。また、長期の投資では、損失期間が続いても挽回を見込むことができます。

レバレッジとは

FXがハイリスクと言われる一因に「レバレッジ」という仕組みがあります。レバレッジとは、手元に資金がなくても高額を投資することができる仕組みです。

手持ちの資産よりも高額で取引を行えるため、見込めるリターンも大きいですが、リスクも高くなります。

FXは、レバレッジをかけて元手の20倍ほどの金額を取引する「証拠金取引」ですので、元本割れするだけでなく、所有金がマイナスになる可能性もあります。

しかし「いくらで損切りをするか」と言った自分で決めたルールさえ守れれば、そんなことにはなりません。ご安心ください。

株式投資はじっくりと行う

資産運用目的で株式投資を行うのであれば、長期保有を前提にじっくりと投資したいところです。投資先の選び方はいろいろありますが、できるだけ多くの情報を仕入れたうえで「ここなら」というところを選びましょう。

株の投資先を行き当たりばったりで決めるのは厳禁です。

最初は、プロが運用するファンドをいくつか選択することで分散投資となる、投資信託を利用するのも手です。

もちろん、株価の暴落といったリスクは常にあるため、日々のニュースや各種指標を見ておくことは必須です。

単一銘柄を買おうとするのであれば、投資の基本方針を決め、PERなどの各種指標をチェックし、テクニカル分析を行わなくてはいけません。手間と時間をかけないと失敗する可能性が高いです。

FXは少額で行う

FXはハイリスクであると説明しましたが、少額であればその分リスクは小さくなります。

高額を投資するとその分損したときのダメージも大きいので、投資初心者がFXを行う場合は必ず少額で始めるようにしましょう。

OCO注文とは、一度に2つの注文を同時に出し、どちらか一方が約定したらもう一方は自動でキャンセルされるという注文方法です。

105円で買ったとしたら、+2円(107円)で売り(利益確定)、-2円(103円)でも売り(損失確定)という注文なので、目を離した間に「まさか!」の事態に巻き込まれるという状況は避けられます。

結局、株式投資とFXどちらを選ぶべき?

株式投資とFXは、共通点もありますが、様々な点で異なる金融商品であることをお分りいただけたでしょうか。

資産運用目的で取り組むのであれば、株式投資を選ぶのが適切です。どちらを選ぶにせよ、日々のデータ分析は必要不可欠になります。

私の考えとしては、大きな資金で長期投資でしたら株式運用。少額を短期で運用するのであればFXがお勧めです。が、いずれにしても絶対損したくない方はどちらにも向かないのは間違いないです。

スポンサーリンク