投資のリスクとリターンは表裏一体!リスクは軽減できるもの?




投資は、リスクとリターンが1つでセット。資産運用を考えている方の中には、もう聞き飽きたよ、と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

それくらい、投資ではリスクとリターンという言葉がたくさん出てきます。その投資のリスクとは、その種類とリスクを軽減する方法を説明します。

1.投資のリスクとは

リスクの前にリターンの話からすると、投資におけるリターンとは運用で得られる利益あるいは成果を指します。

一方投資におけるリスクとは、一般的に自分が損をする起因となる、危険性のあるもの、避けるべきものを指します。一重に損をしてしまうリスクと言っても、そのリスクの種類がいくつかあることを知っておきましょう。

  • 価格変動のリスク
  • 金利変動のリスク
  • 為替変動のリスク
  • 信用リスク
  • カントリーリスク

以上の5つが主な投資のリスクです。次は、それぞれのリスクについて解説します。

2.投資の主なリスク

2-1.価格変動のリスク

購入した金融商品などの、投資資産の価格が変動することは、投資のリスクとなります。

価格変動により、投資資産の価格が上がればリターンとなる可能性がありますが、一方、価格が下がることがあれば、リスクになる可能性もあるのです。

2-2.金利変動リスク

金利変動のリスクは主に、債券におけるリスクです。

債券の価格は、満期前の市場金利の上がり下がりによって決定されます。市場金利が下がれば債券の価値は上がり、市場金利が上がれば債券の価値は下がります。

2-3.為替変動リスク

これは主に、外国通貨による資産運用を行った場合におこるリスクです。

例えば米ドルによる資産運用を行い、米ドルに対して円安となれば為替による差益をリターンとして得る事ができますが、円高になれば為替による差損を被ることになります。

2-4.信用リスク

債券などで、債券の発行元の国や企業の経営不振や、それらが破綻してしまうことによって起こり得るリスクが、信用リスクです。

発行元の経営不振や破綻により、元本及び利息の支払いが出来なくなる、いわゆる債務不履行が起こり得ます。利息はおろか、元本の保証がされないリスクもあります。

2-5.カントリーリスク

投資先が外国であった場合、その当該国の情勢により、経済面でのダメージなどが起きうる可能性があり、それによって投資した金融商品などの価値が変動してしまうリスク、それがカントリーリスクです。

2-6.リスクとリターンは表裏一体

上記で説明した投資のリスクの種類。これらは、投資先の価値が上がるなどの好転傾向を見せれば、リターンにもなり得ます。

リスクとリターンには、相関関係があり、リターンの小さい資産運用はリスクが小さく、リターンが大きく見込める資産運用ほどハイリスクなものであり、必ず、リターンの裏にはリスクを孕んでいるのです。

それでは、リスクとリターンのバランスを考えた、賢い投資先の選び方は、どんな選び方でしょうか。投資先の選び方を、次に説明します。

3.投資先は3つの軸で選ぶ

3-1.安全性

投資先を選ぶ軸として、安全性が挙げられます。

例えば、債券では破綻する可能性が低い国や自治体、企業を選ぶ、といった行動が投資の安全性を守り、リスクを軽減させる方法の1つです。

3-2.収益性

投資先を選ぶ軸として大事なもの2つ目は、収益性。株式投資などで、将来的に成長が見込まれない企業への投資を避けることは、投資の収益性の確保に繋がります。投資先は、将来収益性を見込める投資先を選ぶように留意しましょう。

3-3.流動性

投資先の流動性も、投資先を選ぶ時の軸の1つ。流動性とは、投資資産の売買の自由さがあることを指します。

活発に売買が行われている流動性のある商品を選ぶことで、自分にとってベストなタイミングで投資資産を売買できます。

4.リスクを軽減する方法は?

上記にご紹介した投資先の選び方と併せて、投資のリスクを軽減させる方法があります。以下の3つです。

長期的な保有:短期的な投資で損をしそうでも、長期的な目で見ると、結果的に収益を得られ、リスクが低減する可能性があります。

投資先の分散:投資先を、1つの金融商品に集中させず、様々な種類の金融商品に分散させることで、リスクも分散されます。

投資時期の分散:投資を行う際に、用意した金額を一度に投資に回すのではなく、投資時期を何回かに分けたり、定期的な運用にすることで、リスクが分散されます。

卵は1つのカゴに盛るな」という教えがあります。卵は割れやすく、1つのカゴに盛れば、落とした時にすべて割れてしまう可能性がありますが、卵をいくつかのカゴにわけて盛れば、全部が割れてしまう危険性を軽減できます。

投資も、それと同じこと。投資先の分散、そして投資時期の分散を行うことが、リスクを軽減させた投資を行う際の大切な点です。