お金の機能は、交換・尺度・貯蔵の3つ! フル活用して資産運用を

私たちの生活と切っても切り離せない「お金」ですが、改めてお金とは何か考えてみると、その答えは中々出てこないものです。また、経済が複雑化し資産の形も多様化している今の時代では、お金の定義が曖昧になっている気もします。

生きるうえで重要なお金のことを理解することは大切です。そして、これから資産運用などにトライしてお金を増やしていきたいのであれば「お金を増やす」だけでなく「お金の役割を知り上手に使う」ということもとても大切なのです。

この記事では「お金にはどんな機能があるのか」を解説していきます。

お金には3つの機能がある

お金には、大きく分けて3つの機能があります。

  • 交換の手段
  • 価値の尺度
  • 価値の保存

交換の手段

まず1つ目は「交換の手段」という機能です。これは分かりやすいのではないでしょうか。お金を出せば、欲しい物やサービスと交換することができるということです。

お金がまだ存在しなかった時代、人々は物々交換を行っていました。果物と魚を交換するといった具合です。

しかしこの方法には、交換したいモノ同士の価値を比べられない場合互いに持っているモノの価値が釣り合っていない場合、交渉するのがむずかしいという問題点がありました。

そこで誕生したのが「お金」です。お金が誕生してからは、お金が交換の基準となり、様々なモノやサービスへ交換できるようになりました。

価値の尺度

お金の価値は、交換することだけではありません。「価値の尺度」として、私たちがモノやサービスの価値を判断する際の材料としても機能しているのです。

同じメーカーのお菓子でも、売っている場所によって値段が違うことがあります。同じお菓子を買う時、もし今いるスーパーよりも、他のスーパーで買う方が安いと、他のスーパーで買った方がお得ですよね。

私たちはこういった「お金が持つ価値の尺度」を以て、何を買うか何を売るか、などを決定しています。特に物を買う時には、金額がついているからこそ、その価値を数字で簡単に比べることができるということです。

例えば、100円のリンゴと1000円のメロンがあったとします。この場合「メロンの方が高級だな」と認識する人がほとんどでしょう。

このような判断が簡単にできるのは「お金」という基準があるからです。もしもお金という物差しがなかったら、リンゴとメロンのどちらが高級かを判断するのは今よりもむずかしいはずです。

価値の保存(貯蔵)

お金の機能として、他の物では絶対に代替できない機能があります。それが、貯蔵機能です。

簡単に言うと、貯蔵機能とは蓄えておける機能のこと。お金は劣化しません。確かに、お金の価値は刻刻と変動していますが、他の物のように腐ったり老朽化してしまうようなことはありませんよね。

物と異なり、その物自体の価値がなくなることがないので、お金は将来行える交換と価値の尺度の両方を貯蔵する機能を持っているのです。

お金は機能を掛け合わせて使っている

お金の3つの機能「交換」「尺度」「貯蔵」ですが、私たちは意識していなくとも、これらの機能を掛け合わせて生活をしています。

例えば、「交通機関を使って移動することが多くなったから、電子マネーを多めにチャージしておく」という場合は、「交換」「貯蔵」の機能のかけ合わせ。「ほしい洋服がセールで1万円になっているから購入する」という場合は、「尺度」「交換」のかけ合わせ、といった具合に無意識のうちに使いこなしています。

3つの機能をフル活用して行うのが「資産運用」

資産運用は、この3つのお金の機能をフル活用して行うものです。

例えば、株式投資を行うとしましょう。その際、自身の持つお金と購入する株が、ほかの交換に値するかどうか、同等の価値で交換できるかどうかを考えます。

つまり、まずは交換と尺度という2つのお金の機能を考慮して投資を行います。

もしその投資先が今後成長していく可能性があるのであれば、株式の世界では「交換」に値する投資ということになるでしょう。逆に投資する価値が無ければ、それは交換に値しないということです。

一旦投資をはじめ、投資先が見事成長していった場合、お金は貯蔵機能としての役割も果たすことになります。

反対に、投資先の成長が陰り始め、株式の価値が下がっていくと、自分の元のお金は、交換に値しないものとなり、また貯蔵機能も衰え、交換・尺度・貯蔵のバランスが崩れてしまうのです。

交換・尺度・貯蔵。この3つのお金を機能を知ることが、価値のある資産運用が行える決め手になります。

3つのお金の機能をかけあわせ、バランスの取れた資産運用を行いましょう。

まとめ

何気なく使っているお金ですが、その役割をしっかり理解しているかと言われると、そうではない人も多いのではないでしょうか。

お金は稼いだり増やしたりすることももちろん大切ですが、役割を理解して上手に使うことも同じくらい大切なことです。

特に資産運用はお金の役割をフル活用して行うものなので、お金の持つ役割をよく理解して取り組みましょう。

スポンサーリンク