お金の機能は、交換・尺度・貯蔵の3つ! フル活用して資産運用を




私たちの生活で切っても切り離せないのが「お金」ですが、改めてお金とは何か考えてみると、その答えは中々出てこないものです。

ましてや経済も複雑化していきお金の形も多様化してきているため、お金の定義も曖昧になっている気もします。

そこでこの記事では、お金にはどんな機能があるのか解説していきます。

生きるうえで重要なお金のことを理解することは大切ですし、ましてやこれからお金を増やしていきたいのであれば、なおさらお金について理解しておくことが大切です。

1.お金には3つの機能がある

私たちが当たり前のように使っている、お金とは「交換の手段」「価値の尺度」「価値の保存」の3つの機能を持っており、生活の中で自然とこれらの機能をいくつかかけ合わせてお金を使っています。

1-1.交換媒体機能

お金を媒体とすることで交換をスムーズにし経済を円滑に回すことができます。

「お金」というものが無かった時代、人々は物々交換を行っていたという通説があります。

しかしこの方法では、交換した物どうしの価値が同じ価値であるかという指標が不明確です。また、こちらは野菜が欲しくて、布と交換してほしいけど、相手は布を欲していないという場合、双方が満足のいく取引が出来るかは不確かでしょう。

そこで誕生したのが「お金」です。

お金が出来てからは、価値が数字として表れ、明確に物の価値を知ることが出来るようになりました。

現在では、お金を払うことでその対価(物)を得る事ができるというシステム、つまり交換媒体機能をお金は持っているのです。

1-2.価値の尺度機能

金額という物差し(尺度)で物の価値をある程度見えるようにします。

同じメーカーのお菓子でも、売っている場所により値段が違うことがあります。同じお菓子を買う時、もし今いるスーパーよりも、他のスーパーで買う方が安いと、他のスーパーで買った方がお得ですよね。

私たちはこういったお金の価値の尺度を以て何を買うか何を売るか、などを決定しています。特に物を買う時には、その価値を数字として見ることができるため、お金は価値の尺度機能を持っているのです。

1-3.貯蔵としての機能

お金の機能として、他の物では絶対に代替できない機能があります。それが、貯蔵機能です。

簡単に言うと、貯蔵機能とは蓄えておける機能のこと。お金は劣化しません。確かに、お金の価値は刻刻と変動していますが、他の物のように腐ったり老朽化してしまうようなことはありませんよね。

物と異なり、その物自体の価値が下がることがないので、お金は将来行える交換と価値の尺度の両方を貯蔵する機能を持っているのです。

2.3つの機能をかけあわせた資産運用

お金の3つの機能「交換」「尺度」「貯蔵」ですが、時に私たちはこれらの機能を掛け合わせて生活をしています。

例えば、「交通機関を使って移動することが多くなったから、電子マネーを多めにチャージしておく」という場合は、「交換」「貯蔵」の機能のかけ合わせ。「ほしい洋服がセールで1万円になっているから購入する」という場合は、「尺度」「交換」のかけ合わせ、といった具合に無意識のうちに使いこなしています。

2つの機能のかけあわせは多くの方が実践できますが、3つかけ合わせる事でお金を貯める事も増やすことも可能です。

資産運用を行う際は、この3つのお金の機能をフル活用できるような資産運用を行いましょう。

例えば、株式投資を行うとしましょう。その際、自身の持つお金と購入する株が、ほかの交換に値するかどうか、同等の価値で交換できるかどうかを考えます。

つまり、まずは交換と尺度という2つのお金の機能を考慮して投資を行います。

もしその投資先が今後成長していく可能性があるのであれば、株式の世界では「交換」に値する投資ということになるでしょう。逆に投資する価値が無ければ、それは交換に値しないということです。

一旦投資をはじめ、投資先が見事成長していった場合、お金は貯蔵機能としての役割も果たすことになります。

反対に、投資先の成長が陰り始め、株式の価値が下がっていくと、自分の元のお金は、交換に値しないものとなり、また貯蔵機能も衰え、交換・尺度・貯蔵のバランスが崩れてしまうのです。

交換・尺度・貯蔵。この3つのお金を機能を知ることが、価値のある資産運用が行える決め手になります。

3つのお金の機能をかけあわせ、バランスの取れた資産運用を行いましょう。