海外投資って何?メリットとリスクを解説します

投資は、国内だけでなく海外にも行えることをご存じですか?日本の「円」だけでなく、外国通貨を利用して株式を購入したり投資を行うこともできるんです。

海外投資には、国内投資では得られないメリットもありますが、活用する上での注意点もあります。この記事では、海外投資の基礎知識を解説していきます。

海外投資の方法

海外投資とは、海外の金融商品に投資することです。

海外投資は、きちんと情報収集をしながら取り組めば、国内投資よりも高い利回りを得られることもあり、投資の幅を広げてくれる資産運用の方法です。

海外投資の方法は大きく2種類に分けることができます。

  • 国内の販売会社を通じて海外の金融商品を購入する
  • 海外の金融機関で直接購入する

業務委託を受け海外の金融商品を販売している日本の販売会社を利用した場合、得られる利益は日本の資産となります。

一方、海外の金融機関が扱っている金融商品を、日本の販売会社を経由することなく直接購入した場合、得られる利益は海外の資産となります。

それぞれアプローチの違う海外投資方法ですが、どちらも海外投資であり、メリットやデメリットは同じです。

海外投資のメリット

利回りが高い

海外では日本に比べて高い利回りを期待することができます。経済成長率や金利の高い国や「オフショア地域」と呼ばれる日本とは税制の異なる地域など、投資に有利な環境を見極めて選ぶことができるからです。

投資商品が幅広い

海外投資の主要な投資先であるアメリカやヨーロッパ、アジア諸国は、各金融機関が多くの金融商品を扱っています。日本国内では見られない魅力的な商品と巡り合える可能性もあるでしょう。

分散投資の方法としても有効

国内のみで資産運用を行っていると、国内の経済が悪化した場合にすべての資産が影響を受けてしまいます。しかし、複数の国々に資金を分散投資しておけば、リスクを分散することができるのです。

海外投資の注意点

海外投資を始めるには知っておきたい注意点も存在します。リスクヘッジのためにも正しい知識を身につけておきましょう。

為替変動リスク

為替変動リスクとは、外国為替相場の変動によって、預金を日本円に換算したときの額が大幅に変わってしまうリスクのことです。外国為替相場は日々変動しているため、せっかく高い金利の商品を購入しても、タイミングによっては大幅な為替差損が生じ、資産が目減りしてしまうことになります。

カントリーリスク

カントリーリスクとは、投資国の政治的な事情によって損失が発生する可能性のことです。戦争やテロ、政権交代など、国家レベルの困難や制度の変更が発生すると、株が暴落するなどして、大幅な損失を招く恐れがあります。

海外投資を行う際には投資国の国内情勢を見極め、カントリーリスクが少ない投資先を選ぶことが大切です。

元本割れのリスク

金融商品の価格が変動することによって、投資開始時の購入金額を下回ってしまうことを元本割れといいます。仮に金融商品が元本保証型であっても、外国為替相場の状況次第で日本円では元本割れする可能性があります。

まとめ

海外投資は国内投資に比べて利回りが高く、2つの投資を上手く併用できれば資産を増やせるかもしれません。一方で、海外特有の注意点も多く正しい知識を習得してリスクに備える必要があります。

将来のために海外投資を検討する際には、事前準備を怠らず自分にあった投資先を選択するる事が大切です。

スポンサーリンク