実物資産は価値がある? 所有のメリットやデメリットを解説

将来のための資産形成は人生設計において重要なテーマです。資産の種類は幅広くあり、お金だけが資産だとは限りません。

「実物資産」とは、土地や金、不動産などの有形資産のことです。実物資産の所有には多くのメリットがあるといわれています。また、運用の方法も様々です。 この記事では、実物資産とは何かを解説し、所有するメリットやリスクについても掘り下げていきます。

実物資産とは

資産は、大きく次の二種類に分けられます。

  • 金融資産
  • 実物資産

このうち「金融資産」とは、土地や金、不動産といった有形の資産のことです。実物資産の範囲は非常に広く、お金に換えられる価値が認められるものであれば、広く「実物資産である」と定義することができます。

実物資産投資とは

実物資産は、所有だけでなく投資することも可能です。実物資産へ投資することを「実物資産投資」といい、株やFXといった金融資産投資とは別に実物資産投資も行うことで、リスクの分散効果が得られます。

実物資産投資の代表的な方法は次の2つです。

  • 純金積立
  • 不動産投資

純金積立

様々な要因で価値が変動する「金」の特徴を利用した投資方法です。毎月一定額の「金」を継続購入し、適正な市場価格で売却することによって利益を得ることができます。

長期保有を前提とした投資方法である純金積立は、初心者向けの実物資産投資といわれており、証券会社など純金積立サービスを行っている機関に口座を開設することで投資を始めることができます。

不動産投資

個人が行う不動産投資は、所有不動産から賃料を徴収する投資用不動産を活用して「運用益」を得る方法と、所有不動産の価値が上昇した際に売却することで発生した「売却益」を得る方法の2種類が存在します。一般的には不動産価格の変動による影響が少ない「運用益」を軸に投資を行う方法が安全とされています。

実物資産のメリット

実物資産を所有するメリットは次の2点です。

  • 市場価値が安定している
  • 無価値になる危険性がほとんどない

市場価値が安定している

実物資産を保有する最大のメリットは、市場価値が安定している点です。実物資産は金融資産に比べると景気の変動による煽りを受けづらいため、長期的に安定して所有しておくことができます。

無価値になる危険性がほとんどない

また、無価値になる可能性が限りなく低いところもメリットです。土地や金などは、仮に下落しても、まったくの無価値になることはないでしょう。

対して、代表的な金融資産である有価証券(株式や小切手など)などは、景気による相場や評価額の変動に伴って損失が生じる恐れがあります。たとえば、株式では発行元企業の倒産によって資産価値が無くなる可能性もゼロではありません。

実物資産のリスク

実物資産は比較的安全な資産管理方法といわれていますが、リスクが存在しないわけではありません。

  • 資産価値が低下する要因が多い
  • セキュリティに気を配る必要がある

資産価値が低下する要因が多い

土地や建物といった不動産系の実物資産は、災害やトラブルに巻き込まれる危険性があります。たとえば考えられるのは、台風や地震、火事といった自然災害による実物資産の倒壊や破損、地価の下落によって起こる資産価値の低下などです。また、所有資産が何らかの事件や事故に巻き込まれたことによる、購入および賃貸契約希望者の減少リスクなども考えられます。

セキュリティ面の問題

保管が必要になる実物資産であれば、盗難や紛失のリスクも考慮しておかねばなりません。保管場所やセキュリティに気を遣う必要があるでしょう。

実物資産の種類

実物資産の種類は幅広いですが、中でも代表的なのは次の3つです。

  • 貴金属系資産
  • 不動産系資産
  • その他の資産

貴金属系資産

貴金属系資産とは、宝石類のことです。

  • プラチナ
  • ダイヤモンド
  • 真珠

以上のような宝石類が該当します。貴金属系の資産は、世界的に一定の需要があることで価値が安定しており、形を持つ資産として代表的な存在です。中でも「金」や「プラチナ」は投資対象としての利用価値が高く、実物資産として重宝されています。

不動産系資産

不動産系資産とは、建物や土地などの資産のことです。

  • マンション
  • アパート
  • 一戸建て
  • 平地

このように、不動産系といっても様々な種類があります。投資による資産運用がしやすく、実物資産の王道といわれている資産形態です。

その他の資産

美術品や骨董品、ヴィンテージのアパレルアイテムなども実物資産です。歴史的価値や、希少価値の認められたものが実物資産となり得ます。一方で、投資的な意味合いは薄く、運用益を期待することはできません。

まとめ

市場変化による影響を受けづらい実物資産は、安定資産とも呼ばれており「所有」と「運用」の両面において安全性の高い資産形態といえるでしょう。資産形成の方法のひとつとして、知っておきたい知識のひとつです。

スポンサーリンク