株式投資の配当金とは。配当金は必ずもらえますか?

株の配当金とは?

株式を発行した企業は、利益の一部を、株を買った投資家(株主)に還元します。この還元される利益を配当金といいます。
株主とは、簡単に言うとお金を必要としている人にお金をまわしてあげることでです。

当然お金をまわしてもらった企業は株主にお礼をしなくてはなりません。

しかし必ずその事業がうまくいくどうかはわかりかねますので、配当金がもらえることが保障されているわけではありません。業績次第では「増配」もあれば、「減配」になることもあります。

中には、利益を出していてもベンチャー企業など成長途上の会社などは、あえて配当金を出さずに次のビジネスにつなげる設備投資に回したりして成長を加速させるスタンスの企業もあります。

投資で配当金をもらうためには、必ずその企業が配当を出しているかどうかを確認することが大切です。

このように「リスクをとって、世の中におかねを回す」という考えは投資をやった事が無い人にはなかなか理解することが難しいと思います。特に株式投資などは相場をよみ、利益を手にするような「博打」という印象があり、株式投資自体の意味を正しく理解していない人が多くみられます。

配当はいくらもらえるか

配当がいくらもらえるかは、配当利回りでわかります。配当利回りとは、購入した株価に対し、1年間でどれだけの配当を受けることができるかを表す指標です。3)

配当利回りは、以下の式で表されます。

配当利回り(%)=1株あたりの配当金÷現在の株価

配当利回りが高いほど、同じ投資額で大きい利益が見込めます。

なお、2019年の平均配当利回りは2.08~2.36%となっており、預貯金利と比べるとかなり高めで、高配当銘柄のものでは、配当利回りが5~6%になるものもあります。配当金を目的に投資するなら、平均配当利回りより高い銘柄を狙いたいところです。

配当利回りは、業績好調で配当金が増えれば高くなりますが、業績悪化により株価が下がっただけの場合も高くなります。配当利回りとともに、業績のチェックも忘れずに行いましょう。

また、何年も連続して配当金を増やしている会社の株にも注目しましょう。続けて増配できるということは、毎年利益が伸びていて業績が安定している会社と言えるからです。

配当金をもらう為には

配当金をもらうには、決算日の3営業日前に株を持っている必要があります。

配当金を出す時期や回数は企業によって異なるものの、日本では年に1~2回もらえるケースが一般的です(年一回のところだと決算月である3月の末日・年二回だと、年度末の3月と中間決済月(9月)。
なお、配当金をもらうには、決算日の3営業日前に株を持っている必要があります。

例えば、決算日が2020/03/31(火)であった場合、3営業日前の2020/03/26(木)までに株を買っていれば、配当金がもらえます(土日は除いてカウントします)。この日を権利付き最終日といいます。

権利付き最終日に株を持っていれば、翌日の2020/03/27に株を売っても配当金はもらえます。権利付き最終日当日に株を買っても配当金がもらえることにはなりますが、権利付き最終日に向け株価が上昇する傾向があるため、権利付き最終日の2週間前くらいまでに買っておくと良いです。

配当をもらう権利を得たら、決算日から約2か月で配当金を受け取れます。

税金はかかるのか

上場株式等の配当金は、20.315%(所得税15%+復興特別所得税+住民税5%)が源泉徴収された上で支払われます。この20.315%の源泉徴収税のみにする方法を申告不要制度といいます。

別途確定申告をしなければ申告不要制度を選択したものとして納税が完結しますが、確定申告を行う課税方式を選択することもできます。確定申告を行う課税方式には「総合課税」と「申告分離課税」があります。

総合課税とは

「総合課税」は累進課税に基づいて他の所得と合わせて計算する方法で、他の所得と合算されるので利益が出れば出るほど税率が上がるため、それに比例して税金は高くなります。

申告分離課税とは

「申告分離課税」は、他の所得と分けて計算する方法で、配当金で赤字が出ても他の所得での黒字と相殺して計算する損益通算という仕組みがあるため、損失が出てしまった場合はこちらの方法を選択すると良いです。

配当金の受け取り方法

配当金は、自身が取引している証券会社から手続きをすれば、銀行口座または証券口座で受け取ることができます。

保有している株数に応じて、証券会社の口座に入金される株式数比例配分方式、保有するすべての銘柄の配当金を指定した銀行口座で受け取る登録配当金受領口座方式、銘柄ごとに指定した口座に振り込まれる個別銘柄指定方式があります。

配当金を受け取る口座で受け取る以外の方法で、自宅に送られてきた配当金領収書を郵便局または銀行に持っていき直接配当金を受け取る配当金受領証方式もあります。

スポンサーリンク