格安SIMの節約効果はどれくらい?契約のポイントと注意点を解説します

毎月の携帯料金をもう少し安くしたいと考えている方におすすめなのが「格安SIM」です。格安SIMに乗り換えれば、年間で5~6万円の節約効果が得られるかもしれません。

現代の生活においてある程度の通信費がかかるのは仕方がないとはいえ、節約できるなら少しでも削減したいところですよね。

この記事では、格安SIMのメリットとデメリットを解説していきます。通信費を節約したいと考えている方は、是非参考にしてみて下さい。

格安SIMとは?

格安SIMとは、大手3大キャリアよりも安い料金で利用できる通信サービスのことです。格安SIMの「SIM」は、スマホやタブレットに内蔵されるSIMカードのことを指します。

SIMカードとは、契約者の情報などが記録されたICチップのことです。電話やインターネットをWi-Fiなどに接続せずに利用できるスマートフォンには、必ずSIMカードが内蔵されています。

その中で、MVNOと呼ばれる、大手キャリアの設備を借りて通信サービスを提供している通信会社のSIMカードが「格安SIM」と呼ばれるものです。

なぜ格安SIMは安いの?

格安SIMを大手キャリアよりも安く利用できる理由はいくつかありますが、代表的な理由は次の2つです。

維持費用が安いから

格安SIMを提供する会社は、独自の通信回線を持っていません。3大キャリアから回線の一部を借りて運営しているため、基地局の維持費用や工事費用をかけずに、その分安くサービスを提供できるのです。

人件費が安いから

格安SIMは、実店舗を持たずにネットのみで販売をしているケースも多くあります。実店舗を設けていないということは、テナント料や人件費を大幅に削減できるということです。

格安SIMの節約効果は年間5~6万円

主要キャリアから格安SIMに乗り換えることで、固定費を大幅に削減することができます。

プランによって変動はありますが、大手3大キャリアの通信料は1回線につき月額7,000円~10,000円程度です。格安SIMの通信料は1,500円~4,000円程度ですから、年間で5~6万円もの節約効果が見込めることになります。

また、格安SIMには、大手キャリアによくある「2年契約」がないため、契約解除料の心配をする必要がありません。不要な出費を避けられるのはうれしいポイントです。

格安SIMのデメリット

格安SIMは料金が安い分、デメリットも多いのではないか?と不安に思う方も多いのではないでしょうか。格安SIMのデメリットとして最もよく挙げられるのは「通信速度」です。

格安SIMは大手キャリアの回線の一部を借用して運用しているため、アクセスが集中する時間帯には通信速度が遅くなる場合があります。

また、通話の際に各通信会社の専用アプリを使用しなくてはいけないなど、利便性の面でも若干のウィークポイントがあります。

デメリットをカバーできるなら格安SIMはおすすめ

格安SIMは通信料を格段に安くできるサービスですが、通信速度に制限がかかってしまったり、通話の際に特定のアプリを使用しなくてはいけないなどのデメリットもあります。

しかし、自宅でWi-Fiを使用している場合や、通話機能をほとんど使わない場合など、デメリットをフォローできるのであれば、格安SIMの節約効果はとても大きいです。

通信料は必須の出費だからこそ、少しでも節約したいですよね。もし、携帯料金を少しでも安くしたいと検討されているのであれば、大幅な節約が可能な格安SIMへの乗り換えも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク