「家賃は手取りの3割」はもう古い?生活にあった適正家賃の出し方とは

「支出に占める家賃の割合は手取りの3割」と聞くことがあります。

天引きされる保険料は一般的に給料の2割程度なので、給与が20万円なら手取り額は16万円で適正家賃は「5万円弱」、給与が25万円なら手取り額は20万円で適正家賃は「6万円」ということになります。

実際のところ、この考え方は私たちの家計のバランスに合っているのでしょうか。この記事では、家賃の適正割合について考えていきます。

「家賃は手取りの3割」は少し高い

適正な家賃について「給料の3割」と聞くことがあります。しかしこれは、基準としてはやや高いです。

今は昔に比べて必要な固定費が高くなっています。例えば、通信費です。自宅のインターネット代とスマホの利用料金だけでも結構な額になりますよね。そんな中で手取りの3割を家賃に取られるのは、あまり得策ではありません。

家賃以外の固定費との兼ね合いに加えて、収入の2~3割は貯金もしておきたいところ。そう考えると、家賃は「手取りの2.5割」に収めるのが理想です。

家賃が給料の3割を超えるケース

とはいっても、家賃相場は地域によって異なりますし「給料の2.5割では希望条件を満たした物件に住めない」という人もいるでしょう。

家賃が給料の3割を超えるのは次のような場合です。

  • 手取りが少ない場合
  • 居住エリアの家賃相場が高い場合
  • どうしても良い物件に住みたい場合

手取りが少ない場合

相場より安い物件を借りたとしても、家賃は支出の大部分を占める出費になります。そもそも手取りが少ない場合、家賃を手取りの3割以下に抑えるのはむずかしいかもしれません。

居住エリアの家賃相場が高い場合

中には、仕事が忙しくて移動にあまり時間をかけたくないという人もいますよね。時間の節約や職場へのアクセスを考えて、交通の利便性や職場からの近さでエリアを決め、住宅を探すのもひとつの方法です。

利便性の高いエリアは、ほかのエリアと比べて家賃の相場が高いこともありますが、それで生活効率が高まるのであれば、一概に高すぎる出費とは言えません。

どうしても良い物件に住みたい場合

人によって、生活のどの部分に重点を置くかは変わってきます。どうしても良い物件に住みたい場合、家賃の割合が高くなるのは当然です。

「いい家に住む」ことが仕事や生活のモチベーションになることもあります。その場合は、家賃以外の費用を抑える工夫をすることが大切です。

適正な家賃の算出方法

手取り3割は目安にはなりますが、人によって手取り額や生活水準、重視したい部分は異なりますので、手取り3割の家賃が必ずしも適切とは限りません。

現在の生活にあった家賃が知りたいなら、必要な生活費をもとに具体的に計算することをおすすめします。

逆算して家賃に使えるお金を割り出す

現在の生活に適した家賃を知りたいなら、必要な生活費から逆算すると良いです。適切な家賃を割り出すために、月々の支出はどのくらいか、どのくらい貯金しているか割り出します。家計簿をつけていると生活費の計算が楽です。

例として、一人暮らしの月々の支出が以下の通りだったとしましょう。

食費(外食含む)3万円
通信費1万円
水道光熱費1万円
日用品費1万円
交通費1万円
交際費1万円
衣服等0.5万円
趣味娯楽費0.5万円
保険料1万円
貯金2万円
合計12万円
【例】一人暮らしの一か月の支出

給与20万円で手取り16万円の場合、家賃以外の必要な生活費を差し引いた残金は4万円です。この場合ですと、月4万円までであれば家賃として支出できることになります。

給与25万円で手取り20万円であれば、必要な生活費を差し引いた残金は8万円です。この場合は、家賃8万円までの物件に住むことができるということです。

家賃を先に決めたい場合

次に、住まいの優先順位が高く、家賃を先に決めたい場合について考えてみましょう。たとえば、住みたいエリアの家賃相場が8万円だったとします。

食費(外食含む)3万円
通信費1万円
水道光熱費1万円
日用品費1万円
交通費1万円
交際費1万円
衣服等0.5万円
趣味娯楽費0.5万円
保険料1万円
貯金2万円
合計12万円

給与25万円で手取り20万円のとき、上の生活費と貯金の合計を差し引くと8万円ですので、希望の家賃相場で住まいを見つけることができます。

それでは、給与20万円で手取り16万円だったときはどうでしょうか。16万円から生活費と貯金の合計を差し引くと4万円です。希望の家賃帯の住宅で暮らすには、あと4万円が必要となります。4万円をねん出するために、以下のように生活費をカットしてみました。

食費(外食含む)2万円
通信費0.5万円
水道光熱費1万円
日用品費1万円
交通費0.5万円
交際費0.5万円
衣服等0.5万円
趣味娯楽費0.5万円
保険料0.5万円
貯金1万円
合計12万円

どうしても家賃を削りたくないなら、全体的に生活費を見直して、削れる部分を削れば、希望の家賃でも生活できなくはありません。しかし、家賃を優先しすぎると、人によっては生活が苦しくなることもあります。

無理せず家賃を抑える工夫を

家賃の優先順位が高い場合、家賃が生活を圧迫することがあります。生活が苦しいと感じるときは、生活費を削るだけでなく、家賃自体をもう少し抑えられないか検討しましょう。

たとえば、同じ条件でも住むエリアを変えれば、生活費を圧迫することなく希望の条件を満たす住まいが見つかる可能性があります。築年数は長いもののリフォームしてある物件など、無理のない範囲で家賃を抑える方法も考えるのがおすすめです。

家賃は手取りの3割という考え方もありますが、手取り額や住まい、ライフスタイルによって、手取り3割が適切とはいえないケースもあります。自身の生活にあった適正な家賃を知るには、必要な生活費から逆算して計算すると良いでしょう。

スポンサーリンク