国民年金の満額は年間781,700円!満額受給できない場合の対処法は?

「今支払っている年金は、いつ、どれくらい自分に返ってくるの?」と気になっている人も多いと思います。私たちが毎月少しずつ納めている国民年金は、満額だとどれくらい支給されるのでしょうか?

この記事では、国民年金の満額はいくらなのかを解説します。満額受給できない場合の対処法についても触れていきますので、是非参考にしてみて下さい。

国民年金の満額は、年間781,700円

20歳から65歳までの40年間の保険料をすべて払った場合、国民年金の満額は、年額で781,700円です(令和2年度時点)。月に換算すると、ひと月あたり約65,000円受給できることになります。

ただし、これは年金をもらえる原則年齢の65歳から受給を開始した場合の試算です。60歳~64歳で繰上げ受給できますが、60歳で受給した場合は30%減額されます。また繰り下げ受給を選択し70歳で受給開始した場合は、最大42%加算されます。

ちなみに、平成30年度の国民年金の平均受給額は1ヶ月あたり55,809円となっています。(引用元:厚生年金保険・国民年金事業の概況)

厚生年金の満額は、人による

厚生年金の保険料は、標準月額の18.3%を被保険者と会社がそれぞれ負担します。被保険者の収入に応じて保険料を納付するので、受給額も人によって異なります。

厚生年金は人によって納付期間も納付額も異なるため、満額というのも一概にこうとは言えませんが、平成30年度の1カ月当たりの平均受給額は、国民年金と合わせて145,865円となっています。(引用元:厚生年金保険・国民年金事業の概況)

国民年金の未納期間がある場合

年金は、未納期間がある場合は当然ながら満額受給することはできません。それでは、年金の未納期間がある場合はどうすれば良いのでしょうか?

まず、過去2年以内の未納期間については、今からでも保険料を追納することができます。そして、学生納付特例制度などの免除制度を受けていた期間については、10年まで遡って納付することができます。

今から追納できる分については、納付するのがおすすめです。

追納できる期間がなく、これから納付期間を延ばしたいという人は、60歳~65歳まで任意で加入できる「任意加入制度」という制度もあります。この制度は、未納期間があり老齢基礎年金を満額受給できない場合に、国民年金保険料の納付期間を延長できる制度です。

ただし、任意加入制度は、厚生年金に加入している場合は利用することができないので注意して下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事では、国民年金の満額はいくらなのかをご紹介し、未納期間がある場合の対処方法についても解説してきました。

老後必要になる資金は、持ち家か賃貸かといった問題や、家族構成によっても変わってきます。しかし、いずれにしても国民年金だけで生活していくのはむずかしいと言えるでしょう。

厚生年金や独自に形成した老後資金を組み合わせて、余裕のある老後生活を送れるように計画を立てていきましょう。

スポンサーリンク