国民年金保険料の払い方は?納める方法とお得な前納制度について解説

国民年金保険料を毎月支払っていますか?

支払わなくてはいけないと思いながらも面倒でつい後回しにしてしまったり、支払い方法がわからなくてそのままになっていたりする人もいるのではないでしょうか。

この記事では、国民年金保険料の納入方法を解説します。意外と色々な方法で納入することができるので、是非参考にしてみて下さい。

国民年金保険料とは?

国民年金は、日本国内に居住している(住民登録をした外国籍の方も含む)、20歳以上60歳未満の人が納める保険料のことです。

保険料は毎年度見直しが行われており、年度ごとに異なります。

令和2年度(令和2年4月~令和3年3月まで)は、月額16,540円となっています。

国民年金保険料の支払い方法

国民年金保険の納付方法は様々ある

毎月金融機関に出向いて年金を納めるのは、手間がかかる上に、支払い忘れも起こしやすいですよね。しかし、国民年金は金融機関の窓口で支払う以外にも様々な方法で支払うことができます。

  • 口座振替
  • 納付書
  • クレジットカード
  • ペイジー

それぞれ特徴があるため、自分に合った方法で支払いを行いましょう。

口座振替

納付忘れもなく、手間もなく納付することができる方法が口座振替です。

口座のある金融機関もしくは年金事務所の窓口に備え付けてある「国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書兼国民年金保険料口座振替依頼書」を提出すれば、銀行口座から振替することができます。郵送でも申し込みが可能です。

口座振替の場合、振替のタイミングや一度に振り替える金額を指定することができます。指定できる項目は次のうちから選べます。

  • 翌月末振替
  • 当月末振替(早割※本来の納付する期限よりも1か月早く振替されます)
  • 6か月分を前納(4月分~9月分/10月分~翌年3月分)
  • 1年分を前納(4月分~翌年3月分)
  • 2年分を前納(4月分~翌々年3月分)

前納を選ぶと、以下のように割引が適用されお得です。

<令和3年度の振替方法別割引額>

  • 6か月分を前納 :1,130円
  • 1年分を前納:4,180円
  • 2年分を前納:15,850円
  • 早割:年間600円(月額50円)

2年分をまとめて納付するのは大きな金額にはなりますが、15,850円も割引されるため、余裕があるなら検討してみても良いでしょう。

納付書による納付

保険料を納付するための納付書は、居住地域の役所から加入者の自宅へ毎年送付されます。その納付書を郵便局や銀行などの金融機関、コンビニに持っていくと、納付することができます。

ただし、30万円以上の納付に関してはコンビニでの取り扱いができないため、金融機関のみでの納付となります。

また、ATM・インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレフォンバンキングの電子納付も可能ですが、事前に使用する金融機関との契約が必要となります。

クレジットカード払い

あらかじめ申請書を提出することにより、クレジットカードでも保険料を納付することができます。クレジットカードの場合毎年更新を行う必要がないため、継続的に自動で納付を行うことができて便利です。

また、納付方法は、毎月納付の他に以下の3つの前納が可能です。

  • 6か月分を前納(4月分~9月分/10月分~翌年3月分)
  • 1年分を前納(4月分~翌年3月分)
  • 2年分を前納(4月分~翌々年3月分)

クレジットカードで前納すると、口座振替での前納と同様に保険料が割引されます。さらに、加入しているカード会社のポイントも貯まるので、ポイ活をされている方には得におすすめです。

ペイジー払い

国民年金は、ペイジーでも支払うことができます。ペイジーは、ATMやパソコン、スマホのネットバンキングを使って簡単に支払いができるシステムです。

送付された納付書にペイジーマークが印刷されていれば、忙しくて金融機関に行けない場合でも、パソコンやスマホを使ってちょっとした空き時間に簡単な操作で保険料を納付することができます。

パソコンやスマホが苦手な方は、ATMでも納付ができます。ゆうちょ銀行をはじめ多くの金融機関が対応していますので、営業時間外でも簡単に納付できます。

年金は前納制度を利用すればお得になる

いかがでしたでしょうか?
この記事では、国民年金保険料の納付方法をご紹介してきました。

国民年金は毎月納付するものなので、できるだけ手間のかからない形で支払いたいですよね。支払い方法を選ぶ際には、余裕があるなら前納制度を利用するとお得です。

ぜひ、自分に合った方法で国民年金保険料を納付してみて下さい。

スポンサーリンク