固定費削減!お金の消費を抑える3つの方法

この記事の監修

加藤 大樹(かとう ひろき)

加藤 大樹(かとう ひろき) ファイナンシャルプランナー

ライフマイスター株式会社
2013年〜2019年MDRT成績資格会員 相続診断協会認定 相続診断士 住宅ローン診断士 住宅金融普及協会認定 住宅ローンアドバイザー 日本プロカウンセリング協会認定 2級心理カウンセラー

平成20年当時、全国最年少の22歳で外資系保険会社にスカウトされ入社。その後、平成23年独立し乗り合い代理店へ参画。
資産運用相談、老後資金相談を得手として活躍している。

家計管理をしていると、固定費変動費という言葉をよく目にすると思います。

固定費の支出は変動費と比べるとかなり高いのですが、意識したことはあるでしょうか?

これは裏を返すと、固定費を削減すれば非常に大きな節約効果が見込めるということです。

今回は、固定費を削減し、消費を抑える3つの方法をご紹介します。

固定費と変動費

固定費・変動費の違いをざっくりご説明すると、

固定費:家賃、住宅ローン、水道光熱費など毎月の支払が一定のもの

変動費:食費、日用品費、交際費、美容費など毎月の支払が一定ではないもの

ということになり、もう少し細かく挙げてみるとこんな感じです。

固定費変動費
  • 家賃(住宅ローン)
  • 保険料(生命保険、自動車保険、火災保険)
  • 通信費(通話代、インターネット代)
  • 水道光熱費(水道、電気、ガス) 
  • 教育費
  • 税金
  • 食費
  • 日用品費
  • 交際費
  • 美容費
  • 被服費
  • 冠婚葬祭にかかる費用

厳密に言えば、通信費や光熱費は「変動費」のカテゴリーに入りますが、通信費や光熱費といったものは毎月必ず支払うものなので毎月必ず支払う支出=固定費」として話を進めていきます。

節約するならまずは固定費!

節約を頑張ろう!と思い立ったとき、

「どうしても欲しい洋服があるけど、節約のために我慢する」

「家から少し遠いけど、食費を抑えるために安いスーパーへ行く」

というふうに変動費を中心に頑張ってしまうことが結構多いんです。
もちろん、そういった努力は素敵なことなので決して悪いという訳ではありません。

しかし変動費の節約はあくまで一過性のものです。

変動費での節約が続くか続かないかは、自分の意志との戦いでもあります。せっかくの頑張りが我慢の連続になり、辛い思いをするだけになってしまうかもしれません。その反面、固定費は一度節約できればその後ずっと自動的に節約しつづけられるんです。

生活上のストレスも軽減されるので、固定費を優先的に節約することをオススメします!

消費を抑える3つの方法

固定費を削って消費を抑えるためには、主に

  • 今のものよりも安い契約プランに変更する
  • 月払い契約のものを年払い契約に変える
  • 思い切って解約する

という3つの方法があります。

この3つに則って、具体的な例を挙げながらご説明していきますね。

① 家に関する費用を抑える

家賃や住宅ローンは、家計に占める割合がもっとも大きいです。

これを聞いて「もしかして引っ越さなきゃいけないの?」と思う人も居るかもしれません。確かに引っ越せるのなら一番いいのですが、かなりのコストがかかってしまいますよね。

なのでここでは、今のものよりも安い契約プランに変更する方法をオススメさせてください。わざわざ大枚をはたいて引っ越しをしなくても、この方法をとれば固定費の削減に繋がります。

具体的に言うと、

住宅ローンを組んでいる場合:金利の低いものへ借り換える

ただし借り換えるにもコストがかかるので、借り入れしている金融機関に金利の引き下げができないか交渉したり、借り換えのメリットなどをある程度シュミレートしてもらうことをオススメします。

賃貸の場合:大家さんや管理会社に家賃の値下げ交渉をしてみる。

賃貸の場合、家賃の低い物件へ引っ越すのが最も手っ取り早い方法ですが、やはり大きなコストがかかってしまいます。かなりの勇気が必要になりますが、契約更新の際に頑張って家賃の値下げを交渉してみてください。

また、電気やガスなどの光熱費もプランを見直して安いプランに変更しましょう。

電気のアンペア数を下げれば基本料金も安くなりますし、電力会社には「時間帯割引」や「電気とガスのセット割」などもあるので、それらを活用すれば固定費の大幅削減になります!

② 保険の見直しをする

住宅費に次いで、支出の割合を大きく占めてくるのは保険料です。

住宅費と同じように「今のものよりも安いプランに変更する」という考えかたでいいのですが、そもそも家計の中から確実に支払える金額で契約していかなければ意味がありませんよね。

そこで提案したいのが月払いだったものを年払いに変更する方法です。年に一回だけ大きい金額が動くことになるものの、保険を年払いにすると保険料が割引になるというメリットがあります!

どういうライフサイクルの渦中にあるにせよ、思い立ったが吉日!

この機会に保険(生命保険、自動車保険、火災保険など)のプランをもう一度見直してみましょう。知らず知らずのうちに必要以上の額をかけてしまっているかもしれません。

ご自身や家族のライフプランにあわせて契約しなおせば、保険料を下げられる可能性があります。プロのファイナンシャル・プランナーさんなどに相談して、いま加入している保険をぜひ見直してみてください。

保険料の支出はいくらぐらいにするべきですか?

保険料の内容を単に「保険」と捉えるのか、「保険」のみならず「中長期的な資産形成」と捉えるのかでその支出額は異なります。またご家庭の中には貯蓄と保険で重複した資産形成をおこなっているなど家計のムダとなっている部分もございます。

③ 格安SIMに乗り換える

通信費に関わる明細をよく見てみると、不要なオプションがついていることがあります。その場合、携帯ショップの店員さんに相談して不要なオプションは外してもらいましょう。

また、格安SIMに乗り換えれば大手キャリアよりも料金が大幅に下がります契約内容によっても変わってきますが、格安SIMに乗り換えると料金を半額以下〜3分の1程度まで安くできるんです。

様々なプランの中から自分に合ったものを選べるので、大手キャリアとほとんど同じように使うこともできます。LINEモバイルの料金シュミレーターmineoの料金シュミレーターなどでおすすめのプランを紹介してくれるので、ぜひ比較検討してみてください!

いま利用しているキャリアから格安SIMに乗り換える

これが思い切って解約するという方法です。

通信費が高いと思ってはいるのですが、家族で同じ通信会社を契約しているので変更しづらいです。どうしたら良いでしょうか?

いわゆる3大キャリアですと「家族割」があるので、お得のように感じ変更しづらいとお考えになると思います。しかしながら格安SIMの会社に変更した場合、現状よりも通信費が安くなることが多いようです。うまく格安SIM会社を活用してみましょう。

固定費を削減=生活レベルを下げる、ではない

固定費の削減=生活レベルを下げる、と感じてしまう人はやはり多いようです。

確かに一大決心をしなければならない場合もありますが、固定費を削減するからといって、必ずしも生活のレベルを大きく下げなければいけないというわけではありません

固定費の削減とは、あくまで固定費にくっついている不要なコストを取り除くことです。

削れそうな部分は削り、無理がでそうな部分には手を出さないようにして、ぜひ固定費削減のプロを目指してください!

固定費の見直しに最適なタイミングはありますか?

結婚した時、子どもが生まれた時、住宅を取得した時など、さまざまなライフイベントの際に固定費を見直すことは大切なことです。ですが「固定費を見直したい」とお思いになった時が最適なタイミングと言えます。まずは、お気軽にFPにご相談ください。

まとめ

節約を毎日頑張るのはとても素敵なことですが、無理をしてしまっては元も子もありません。

変動費で頑張るよりも簡単に節約できるのは、固定費を削減することです。固定費を節約し、そのまま貯金することができれば、家計にとって大きな助けとなってくれます。

しかし、一気に全てをどうにかしようしてしまうと生活そのものの歯車が狂ってしまうのも事実です。

可能な範囲で固定費を削る決心をつけ、ライフスタイルに合った無理のない家計管理をしていきましょう!

スポンサーリンク