年収が少なくても大丈夫!?誰でもできる貯金術3選




この記事の監修

加藤 大樹(かとう ひろき)

加藤 大樹(かとう ひろき) ファイナンシャルプランナー

ライフマイスター株式会社
2013年〜2019年MDRT成績資格会員 相続診断協会認定 相続診断士 住宅ローン診断士 住宅金融普及協会認定 住宅ローンアドバイザー 日本プロカウンセリング協会認定 2級心理カウンセラー

平成20年当時、全国最年少の22歳で外資系保険会社にスカウトされ入社。その後、平成23年独立し乗り合い代理店へ参画。
資産運用相談、老後資金相談を得手として活躍している。

「生きていけてるし、貯金する必要性も感じない」
「何度も挑戦してるけど、あればあるだけ使ってしまうから貯金ができない・・・」
「そもそも収入が低くて、貯金に回せるだけの余裕がない・・・」

貯金することに対してあまりいいイメージを持てない人もきっと多いのではないかと思います。

貯金を続けるために重要なのは、貯金の目的を考え、支出を想定して貯金することです。当たり前のように思えますが、意識しながら貯金ができるかと聞かれれば首を傾げてしまいますよね。

ここでは誰にでもできる貯金術をご紹介していきます。

こんな貯金の仕方してませんか?

そもそもどうして貯金って続かないのでしょうか?実は、貯金がゼロになりやすい人や貯金が続かない人にはいくつか特徴があります。

  • 出ていくお金と入ってくるお金の額を把握していない。
  • 身の丈に合わないような大きすぎる金額を最初から設定している。
  • 「いつまでにこの金額」という目標を決めないまま、何となく貯金している。
  • お金が足りなくなるとすぐATMにいってしまう。
  • 何でもかんでも我慢して貯金しようとしている。

ある程度の目標やルールがないと、徐々に財布のヒモが緩んできます。そして我慢した分、リバウンドの幅も大きくなってしまいます。

では、リバウンドをしないためには一体どうすればいいのでしょうか?

貯金の目的を考えて具体的な金額を決めよう!

貯金を続けるポイントは、自分にとって無理のない範囲で目的・目標・金額を出来るだけ明確に決めることです。

何のために目的
どのように・いつまでに目標
どのくらい金額

この3つがきちんと決まっていれば、モチベーション向上に繋がります。また、数字や期限を自分で決めることで、無理のない範囲で動くことができます。

例えば「半年後に友達と京都へ二泊三日の旅をする」という計画を立てるとします。

  • 何のために:「京都へ行くために」
  • いつまでに:「半年後までに」
  • どのように:「1ヶ月に15,000円ずつ」
  • どのくらい:「最低でも8万円」

このように、目標や金額を細かく決めるのがコツです。

ただし「3ヶ月後に海外へ行くため50万円貯める」などといった大きすぎる金額設定や無理な目標設定は心が折れやすく、初めての人には不向きです。

貯金の目標と言っても、趣味もなく、どんな目標を立てれば良いのかわかりません。

ご趣味がないとのことですが、生活に必要なイベントというものがあります。短期的には自動車や住宅の頭金、中期的には子供の教育資金、超長期的にはセカンドライフ資金です。

簡単に出来る貯金術3選

貯金術・その1「つもり貯金

重要なのは続ける事。聞いたことがある人や、実際にやったことがある人も多いと思います。やり方を簡単におさらいすると、

  • 仕事帰りのコンビニで買おうとしたお酒を我慢する:約400円
  • バスに乗るのを我慢して、駅から家まで歩く:約220円
  • ランチに行くのを我慢してお弁当を持参する:約500円

というふうに、何かをしたつもりになって浮いたお金を貯金する方法です。

我慢しただけお金が貯まるので、結果が目に見えて分かりやすいですし、そのぶん達成感も大きくなってきます。

ですが、先ほども書いたようにあれもこれも一気に我慢しすぎると大きくリバウンドすることもあるので、やりすぎには注意です。自分の限界ラインをきちんと見極めながらやり進めていくことが大切です!

貯金術・その2「500円玉貯金

有名な方法ですね。小銭入れの中にある500円玉を余すことなく貯金箱へ詰め込んでいく方法です。

これは毎日でも毎週でも毎月でも、いつでも良い手軽さがあります。とにかく500円玉を見つけたら即座に貯金箱へ詰め込んでいきましょう

かなりストイックにやると、半年で15万円貯めることも可能です。100円玉や10円玉でも楽しめると思いますが、500円玉に比べ、やはり貯金額は少なくなります。

また500円玉貯金の良いところは、500円玉は貯金用と考えることができるようになることです。

貯金術・その3「毎日貯金シート

別名「365日貯金シート」。方法は以下の通りになります。

  1. 白い紙に1〜365までの数字を書きます。
  2. 数字と同じ数の金額を貯金箱に入れていきます。
  3. 貯金箱にお金を入れたら、その数字を消します。

たったこれだけ?と思うかもしれませんが、これをきっちり1年間つづけると約67,000円も貯まる計算です。67000円あれば食器洗浄器とか買えますね。

また、書店などで貯金専用のシートが売られています。さらには無料でダウンロードできる専用シートもあるので利用してみましょう。

貯金箱で貯金したお金は口座に入れた方が良いですか?

目的によって貯金の方法が異なります。車検や旅行などの短期的な目的の場合はそのままでも良いと思いますが、中長期的な目的の場合は口座に入れるよりも、より高い金利での運用をお勧め致します。

貯金を習慣にするためのコツはありますか?

お給料などの収入から生活費などの支出を差し引き、余ったお金を預金するタイプと、収入から預金分を差し引き、余った資金で生活費を支出するタイプでは明らかにお金の貯まり方が異なります。貯蓄を仕組み化して強制力を持たせましょう!

まとめ

貯金とは、楽しみながら取り組んでこそ効果が生まれてきます。

自分にもできそうなイメージが少しでも沸いたらすぐに実践してみましょう。

貯蓄はそれぞれ期間によってお金の蓄え方・増やし方は異なります。また、中期的な目的の場合は、口座に入れるよりも高い金利で運用するのがおすすめです。詳しくは一度FPにご相談ください。