仕事をしながら資産運用する最適な方法は?

この記事の監修

庄司 良市(しょうじ りょういち)

庄司 良市(しょうじ りょういち) ファイナンシャルプランナー

株式会社FEA
株式会社FEA 首都圏支社 支社長代理 2019年度MDRT成績資格会員

大学卒業後、新車販売の営業として社会人生活をスタート。27歳の時に某外資系生命保険会社にスカウトされ、保険業界へ転職。34歳からは乗り合い代理店へ活動の場を移した。
現在は個人事業主を中心に、生命保険や損害保険を「戦略的に活用する」という観点から幅広い視野で、保障・積立・資産運用・税務対策の提案を行っている。
ファッションマーケット(カメラマン・ライター・スタイリスト)、
ドクターマーケット、エンターテイメント業界(芸能・映画)などの顧客を主に、「法人」「個人」「生命保険」「損害保険」偏りなく活動を行っている。
趣味はフットサル・旅行。

前回の内容

自営業でもサラリーマンでも、仕事をしながら資産運用をすることは、時間や資金が限られていること等から、決して楽なことではありません。

ハイリスクな金融商品に多額の資金を投資することは、多大な損失を及ぼす恐れのある極めて危険な資産運用です。

人それぞれ収入や貯金は異なり、捉え方も異なるので、多額の金額を具体的に示すことはできませんが、ハイリスクな金融商品を用いて資産運用をする予定の場合は、失っても良い限度の資金を投資すべきです。

それでは、仕事をしながら資産運用をしようとした時、どのようなスタイルで行うべきなのでしょうか。

インカムゲインとキャピタルゲイン

まず、資産運用で得られる収益には、「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」があります。

インカムゲイン

「インカムゲイン」は、資産を保有していれば、決まった時期に安定した現金収入を得られることをいいます。

具体的には、株の配当金や債券の利息、投資信託等が挙げられます。

キャピタルゲイン

「キャピタルゲイン」は、資産の値動きによって生じる収益のことをいいます。

資産を売買した場合、その売買額の差益として得られる利益です。
このキャピタルゲインを目標としたデイトレードでは、値動きの良い金融商品を購入して、少しでも利幅が出たら即決し利益を確定させます。

これは常に市場経済に注目しなければいけないもので、働きながらキャピタルゲインを目指すことは現実的ではありません。

仕事をしながら資産運用をしようと決心した場合、注意しておいたほうがいいポイントなどはありますか?

「投機」に近い運用商品は避けた方が良いでしょう。
FXなど売り買いのタイミングを見計らって利益を上げていく商品は、売り時・買い時のその瞬間を逃せませんので、普段仕事をしながらの方はハードルが高いと思います。

確かに…趣味でない限り時間をつくるのは難しそうです。

働きながらの場合、iDeCoやNISA、生命保険など中長期運用を目的とした商品から検討されるのがお勧めですよ。

元本を安全に保つことを念頭に置く

仕事をしながら資産運用をしようと考える場合、キャピタルゲインのような元本が変動しやすいハイリスクな金融商品は、資産運用に取り入れない方がいいでしょう。

忙しい時間の中、限られた資金で資産運用するのですから、元本保証のあるもののように、インカムゲインを目指すことや、元本を安全に保つことを念頭に置きましょう。

さらに預金よりも高金利だったり、株のように企業から配当金を受け取ることができるようにプラスアルファになる収益を得ることができる金融商品を選ぶといったように、保守的な資産運用をしましょう。

元本を安全に保つために気をつけるべき点はありますか?

預貯金や国債・公社債などでない限りは少なからずリスクは背負いますので、まずは長期間運用を続けられるよう利用するまでの時間を確保出来るようにしましょう。

まとめ

  • 仕事をしながら資産運用は難しい
  • ハイリスクな金融商品に多額の資金を投資することは危険
  • 資産運用で得られる収益には2種類ある
  • 仕事をしながらだとインカムゲインを目指す
  • 元本を安全に保ちましょう

スポンサーリンク