長期投資がおすすめな理由と最大のメリット

この記事の監修

庄司 良市(しょうじ りょういち)

庄司 良市(しょうじ りょういち) ファイナンシャルプランナー

株式会社FEA
株式会社FEA 首都圏支社 支社長代理 2019年度MDRT成績資格会員

大学卒業後、新車販売の営業として社会人生活をスタート。27歳の時に某外資系生命保険会社にスカウトされ、保険業界へ転職。34歳からは乗り合い代理店へ活動の場を移した。
現在は個人事業主を中心に、生命保険や損害保険を「戦略的に活用する」という観点から幅広い視野で、保障・積立・資産運用・税務対策の提案を行っている。
ファッションマーケット(カメラマン・ライター・スタイリスト)、
ドクターマーケット、エンターテイメント業界(芸能・映画)などの顧客を主に、「法人」「個人」「生命保険」「損害保険」偏りなく活動を行っている。
趣味はフットサル・旅行。

前回の内容

投資の本質は「お金を働かせること」や「金融商品を保有すること」であるといえます。
このような投資の本質を前提として、「短期投資」と「長期投資」があります。

投資の目的は様々ですが、目標額がある場合、それを達成させるために、短期か長期かで運用していきます。

短期投資とは

短期投資は、値上がりしたらすぐに売却して利益を得るという方法で、期間としては1日から1ヶ月程度になります。

この方法では、短い期間で値上がりできるかどうかを見極められる点と、売却時期を逃さない点が重要なポイントとなります。

短期投資はどんな人にオススメの投資方法ですか?

『目標までに時間のない方』、『金融知識に長けていて投資の値動きを細かくチェックする時間のある方』、『資金に十分な余裕がある方』などにはお勧めです。

長期投資とは

一方長期投資は、お金を長期間働かせて将来の成長を予測し、値上がりを待つ方法です。期間としては数ヶ月から数年となりますので、長期的に成長を予測できるかという点が重要です。

また目標額まで達成させる期間が長ければ長いほど時間がかけられるため、利回りが低くても目標額にいくことが可能。

つまり利回りが低くてもいいため、リスクが低いといわれています。

長期投資はどんな人にオススメの投資方法ですか?

『目標までにある程度時間のある方』、『金融知識が十分でない方や値動きのチェックの時間が普段ない方』、『毎月コツコツと積み立てながら投資をしたい方』などです。

投資にはリスクがつきものと言いますが、利益と合算して考えた場合、どちらがよりオススメですか?

日本の場合、まだまだ金融に対しての教育や環境が整っていませんので、長期投資の方がスタートを切りやすいのでお勧めです。

短期投資はハイリスクハイリターン?

資産運用の初心者の多くは、短期投資(主に株式投資)から始めますが、短期投資はより高いリターンを狙うがために、結果的にハイリスクな投資になってしまいます。

投資に精通していないと、ハイリスクな投資はうまくいきませんし、レベルの高い投資家であっても、必ずしも短期投資のようなハイリスクな投資が毎回うまくいくとは限らないのです。

多くの人が短期投資を選ぶ理由として、次のようなことが考えられます。

常に大きな利益を求めていること

投資初心者が投資を始めた当初は、投資できる資金はそう簡単に誰もが多額を出せるわけではないでしょう。

投資初心者は、ハイリスクでも短期間で多くの利益を出せる取引が良いと考えてしまいがちなので、短期投資を選ぶことが多いのです。

スリルを求めていること

常に経済は回っており、さらにその中で値動きの変動も大きい場合には、短期投資では損益が大きく変化するとともに、結果がすぐにわかります。

その分リスクが高まりますが、ギャンブルのようなスリル要素があるので、このようなスリリングな投資にハマってしまうという方もいます。

以上が短期投資が選ばれると考えられる理由ですが、短期投資はリスクが大きいため、あまり安全ではありません。

長期投資の最大のメリットは複利

それでは、長期投資は安全なのでしょうか。長期投資を行うべきだという根拠は、短期投資と異なり「短期投資よりリスクを下げて安全に運用すること」です。

先述でもありますが、利回りが低くてもいいため、リスクが低く、そういったことから安全な投資がおおいです。

そして、長期投資の最大のメリットはなんといっても、複利の効果を得られることです。長期投資において複利を活用することで、資産形成が圧倒的に早くなり、短期投資よりも早い段階で目標金額まで資産を増やすことが可能です。

さらには複利は時間が長くなればなるほど有利です。

まとめ

  • 投資には「短期投資」と「長期投資」がある
  • 長期投資は利回りが低いがリスクも低い
  • 長期投資の最大のメリットは複利

スポンサーリンク