家計改善のために家計簿をつけよう!浪費を減らす記録方法

この記事の監修

三保 秀人(みほ ひでと)

三保 秀人(みほ ひでと) ファイナンシャルプランナー

FP事務所ワールドパートナーズ
ファイナンシャルプランナー(日本FP協会認定) プライベートバンカー 宅地建物取引士 住宅ローンアドバイザー 相続診断士(日本証券アナリスト協会認定) (財団法人 不動産適正取引推進機構認定)(財団法人 住宅支援協会認定)(社団法人 相続診断協会認定)

新卒で不動産会社に勤務し、不動産投資・住宅ローンについて学ぶ。 その後大手総合保険代理店へ転職。2014年に独立系FP事務所を設立。2019年現在、コンサルティング実施世帯は1,500組以上にのぼる。
趣味は写真を撮ること・野球観戦。

【第1回】貯蓄と貯金の違い分かりますか?重要なのは貯蓄を増やすこと!
【前回】消費と浪費と投資の違い | 支出の理想的な比率とは

前回は、浪費と投資と消費の違いについて解説しました。家計のバランスを良くしていくためには、浪費を減らし、投資の割合を増やすことが大切です。

今回は、浪費と投資の違いを見極め、無駄遣いを減らすための家計簿の付け方についてお話していきます。ポイントは家計簿を見返すことです。

無駄遣いに気付くために家計簿をつける

家計簿
家計簿で無意識の浪費に気づくことができる

家計を改善しようと思って闇雲に節約を始めるのは、効果的ではありません。まずは、家計の無駄な支出を見つけるために家計簿をつけるのがおすすめです。

家計簿をつけることで、支出が本当に必要なものであったか、不要なものはなかったかを分析し、無駄な出費を減らしていくことができます。

食べたものを記録して毎日の自身の食生活を振り返るレコーディングダイエットが一時期話題になったのは、記録を見返すことで食べ過ぎに気づくことができるからです。

その反対に、何も記録せず、振り返らずにお金を使っていると、知らないうちに無駄遣いをしているものです。

浪費を減らすための記録ルール

前回、支出には「消費・浪費・投資」の3種類あるとお話しました。この中で、最も減らしたいのは「浪費」です。しかし、何が浪費かを判断するのは、最初のうちはむずかしいもの。

特に浪費と投資の違いを見極めるのがむずかしいので、家計簿を使って浪費と投資を分類する訓練をしましょう。

やり方はシンプルです。普通、家計簿の仕分けは家賃や光熱費、食費、交際費といった「支出項目別」で行いますが、「消費・浪費・投資」の3つの項目で家計簿をつけてみます。

「消費」は払った金額と同等の価値を得られていると感じるもの、「浪費」は払った金額相当の価値を生まなかったもの、「投資」は払った金額以上の価値を生むものだと言えます。

浪費と投資を見分けるのは難しいですが、そこが家計改善のために一番大切なポイントです。家計簿につけて後から見返すことで、自分の分類が合っているのか振り返ることができます。

自分にあった記録方法を見つけよう

家計簿は、紙の冊子タイプのものでも良いですし、無料で使えるアプリもたくさんあります。アプリの場合はレシートから金額を読み込んでくれる機能もあり、記録に便利です。

中には、グラフなど、視覚的にわかりやすい機能があるものもあります。
記録の頻度も、毎日記録する人、週末に記録する人、項目(食費、光熱費等)別に封筒に分けておき月1回記録する人など、スタイルは様々です。

自分に合った方法で記録を始めてみてください。

記録をつけても、なかなかお金の使い方が変わらない場合、
記録を見返すときは、どこに注目すれば良いですか?

記録をつけても変わらない方は、目標がしっかり定まっていない方が多いです。
家計改善をすることの必要性、何のためにお金を貯めているのか、このままだとどうなってしまうのか、再度原点に戻りましょう!
目標を定められていない方は一度FPさんに相談してみることをお勧めします。

どれくらい詳しく記録すべきなのでしょうか?

最初から詳しくやろうとすると挫折してしまう方も多いです。まずは日付と項目、金額は100円単位から始めましょう!

レシートを取っておくのが面倒で、使途不明金が出てしまうケースも。何かいい方法はありますか?

そんな方にはアプリを活用するのがオススメです。
マネーフォワードME、レシーピ、おカネレコなどは携帯カメラでレシートを撮影すると自動で読み込んでくれますよ!
無理なく続けられる自分に合ったアプリを選びましょう!

家計簿を活用して貯蓄のコツが掴めたら、次は貯蓄を長く続けていくことが大切になります。次回、貯蓄を習慣化するする方法をご紹介します。

まとめ

いかがでしたか?
支出を減らすのは大変です。なぜなら、お金を使っているその場ではたいてい本当に欲しいと思っているので、無駄遣いに気づくことが難しいからです。

記録を見直して振り返ることで、無駄遣いに気づくことができます。削りやすいものから削っていくだけでも、お金が貯まる効果が実感でき、モチベーションも上がっていきます。今回のポイントは次の通りです。

  • 無駄な出費を減らして支出をカットする
  • 記録をつけることで、浪費か投資かを判断できる
  • 支出を減らすことは精神的負担にはならない
  • お金が貯まる実感を得るためにも、記録することは大切
  • 家計簿は無料で使えるアプリも!

次回は、貯蓄を習慣化する方法をお伝えしていきます。

イラスト:萩原まお
maohagiwara.com(https://maohagiwara.com/)
Twitter(https://twitter.com/mao_hagi)

MANEWAKAおすすめの家計相談サービス