まずは小さい目標から!時には使うことも忘れずに。

この記事の監修

三保 秀人(みほ ひでと)

三保 秀人(みほ ひでと) ファイナンシャルプランナー

FP事務所ワールドパートナーズ
ファイナンシャルプランナー(日本FP協会認定) プライベートバンカー 宅地建物取引士 住宅ローンアドバイザー 相続診断士(日本証券アナリスト協会認定) (財団法人 不動産適正取引推進機構認定)(財団法人 住宅支援協会認定)(社団法人 相続診断協会認定)

新卒で不動産会社に勤務し、不動産投資・住宅ローンについて学ぶ。 その後大手総合保険代理店へ転職。2014年に独立系FP事務所を設立。2019年現在、コンサルティング実施世帯は1,500組以上にのぼる。
趣味は写真を撮ること・野球観戦。

連載企画:貯蓄と貯金の違い分かりますか?重要なのは貯蓄を増やすこと!
前回の内容: 50代の平均年収と貯蓄額は?貯蓄する時に気をつけること

貯蓄が必要のことだとわかっていても、ストイックに計画どおりに貯蓄をするのはなかなか難しいことです。

それぞれの時期でお金が必要になる理由はたくさんありますし、テレビをつければいつも新しい商品の宣伝が消費を煽ってきます。

日々の生活でストレスを受ける中、お金を使って息抜きをしたいことも出てくるでしょう。生きていく以上お金が必要なのは確かです。

ですが、現代の情勢に加え、平均寿命も延びて老後と呼ばれる期間が長くなったことから、一生安心して暮らすためのお金を準備するためには現役時代にある程度の我慢を強いられる部分は否めません。

しかし、時間もお金も本来は人生を存分に楽しむためのものです。長い労働現役時代を辛い我慢だけの日々にしてしまったら、本末転倒です。

まずは小さい目標から

そこで、「〇〇の資金のために〇〇円まで貯める!」「〇〇資金のためにまずは〇年積立をする!」と小さい目標を立て、達成したら、好きなことに使うといった自分へのご褒美を設けると良いでしょう。
資金の目標額が高い場合は、中間目標でも構いません。

貯蓄を行うことで、自分のお金の使い方、ひいては自分の生活や長い目で見た一生に向き合うことになります。
「貯蓄」という目的のために、現状を知り、生活や行動のルールを自分で決めて守っていくことが大切です。

その場の状況に流されてなんとなく浪費していたら、自分の現状もこれからどうなっていくかの見通しもわからず不安になります。そのような不安から解放されるのです。

貯蓄の第一歩にオススメの「小さい目標」を具体的に教えてください…

貯蓄が苦手な方は月の目標、さらには1週間の目標を立てましょう!
特に月の支出目標は1週間に区切って達成できたのかできなかったのか見返すことが大切です。

ご褒美も忘れずに

決めたルールを守るためにも、ご褒美は有効です。

自分にご褒美を与えることで、目標が一段落する利点もあります。
目標達成したらお金を使っても良いという自分のルールに従うことで、更に自分の生活を管理できている達成感を味わえます。

貯蓄を通して自身の生活管理を楽しみながら、本当に必要な物や、楽しい事にお金を使って人生を充実させましょう。

自分にご褒美をあげるとなると、どうしても財布の紐が緩んでしまいそうなのですが、いい方法があれば教えて欲しいです。

毎月の貯蓄目標を立てます。
それを元に毎月月末に家計の決算を行い、貯蓄目標を達成できたら余剰金はパーっと使ってしまいましょう
!その楽しみが貯蓄を頑張る励みになると思いますよ♪

お金の使い道をより具体的にしたほうが、楽しんで貯蓄することができるでしょうか。

第3話でもありましたが、一度ご自身が毎月何に使っているのかを書き出してみましょう!
そして何が自分にとって浪費なのか、投資なのかを区分けすることによって貯蓄する意識も変わり、楽しんで貯蓄できるでしょう。

まとめ

〇時間もお金も人生を存分に楽しむためのもの。
〇お金の準備は必要。まずは小さい目標から立てていく。
〇貯蓄という目的のために、現状を知る。
〇本当に必要なものや楽しいことにお金を使って人生を充実させる。

イラスト:萩原まお
maohagiwara.com(https://maohagiwara.com/)
Twitter(https://twitter.com/mao_hagi)

スポンサーリンク