お金はいつ・何に・いくら使うか目的や用途に分類する

この記事の監修

三保 秀人(みほ ひでと)

三保 秀人(みほ ひでと) ファイナンシャルプランナー

FP事務所ワールドパートナーズ
ファイナンシャルプランナー(日本FP協会認定) プライベートバンカー 宅地建物取引士 住宅ローンアドバイザー 相続診断士(日本証券アナリスト協会認定) (財団法人 不動産適正取引推進機構認定)(財団法人 住宅支援協会認定)(社団法人 相続診断協会認定)

新卒で不動産会社に勤務し、不動産投資・住宅ローンについて学ぶ。 その後大手総合保険代理店へ転職。2014年に独立系FP事務所を設立。2019年現在、コンサルティング実施世帯は1,500組以上にのぼる。
趣味は写真を撮ること・野球観戦。

貯蓄といっても、ただ貯めておけばいいというわけではありません。お金はあくまで、使うために貯めているのです。

お金をいつ、何のために、いくら使うかを考えるところからマネープランは始まります。まずはお金の用途、使用目的を決め、貯蓄の必要性をしっかりと実感しながら貯蓄していきましょう。

お金は3つの用途にわかれる

お金の用途は「毎月使うお金」「中期的に使うお金」「長期的に使うお金」と大まかに3つに分けて考えると良いです。

「中期」に使うお金というのは、結婚祝いなど臨時に使うお金。
「長期」で使うお金というのは、結婚式や家の頭金などをイメージしてください。

毎月使うお金がいくらあれば心身ともに健全な生活ができるのか、「中期」に使う臨時支出としてどのくらいの額備えておけばいいか、将来のために、「長期」で使うお金を何年でいくらまで貯めればいいか、計算してみましょう。

「このお金は結婚資金のため」と用途をはっきりさせておかないと、漫然と使ってしまい、お金が残らなくなってしまいます。

「毎月使うお金」は、すぐに引き出せる普通預金に入れます。
目安として生活費の6か月分程度入れておくと安心です。

「中期」に使うお金は、数年使わない予定であれば、すぐに解約できない代わりに利息のつきやすい定期預金や短期で運用するのも良いでしょう。

「長期」で持っておく大きなライフイベントに使うお金の場合、例えば老後資金にするような場合は、すぐに換金できなくても良い場合は、リスクをコントロールしながら収益性のある金融商品で投資を行うのも良いです。

お金を、使わずに置いておく期間のスパンごとに分類して、毎月使うお金はすぐに引き出せること、中期、長期で使うお金はその使うべき時になるまで手をつけないよう別のところに預ける、分けておくことが大切です。

給料の振込口座と、これら3つのお金を入れておく口座は全て分けておいた方が良いのですか?

中長期に使うお金は給料口座とは必ず別にしましょう!
貯蓄が苦手な方は口座を分けておらず、毎月余ったお金が残っているという方が多いです。

それは貯金をしているとは言いません!

では、中長期に使うお金は、いくらぐらい確保しておくべきですか?

それは人それぞれ違います。
中期は主に教育資金や住宅の資金が該当します。お子様の人数、公立私立などの教育方針を元に目標額を決めましょう!

長期は老後資金です。何歳まで働き、どのぐらいの生活水準で老後を送りたいのか想像して目標を決めましょう!

長期に使うお金は、どれくらいのペースで貯めていく必要がありますか?

一番やってはいけないことは「長期・老後資金は子供の教育費の終わりが見えてから考える」ことです。

時間を長く活用することで複利効果が高まり、お金も殖えて行きます。
毎月1万円からでも早くから始めることが大切です!

次回からは、20代30代40代50代のライフステージごとの貯蓄の心得についてお話ししていきます。
20代の平均年収と貯蓄額は?効果的な節約で貯蓄しよう

まとめ

〇貯蓄はお金をいつ、何のために、いくら使うか考えて貯める
〇毎月使うお金、中期に使うお金、長期で使うお金の3つに分ける
〇用途をはっきりさせておかないと、漫然と使ってしまう為、お金が残らない

イラスト:萩原まお
maohagiwara.com(https://maohagiwara.com/)
Twitter(https://twitter.com/mao_hagi)