クリスマスプレゼントの相場はいくら?世代別の予算の相場を解説

クリスマスといえば、外せないのがプレゼントですよね。プレゼントを受け取った相手の顔を想像しながら選ぶのは楽しいですが、いくらぐらいのものを渡せばいいのか迷っている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、クリスマスプレゼントの相場を解説していきます。クリスマスプレゼントの相場は年齢や関係性によって変わるので、是非この記事を参考にしてみて下さい。

クリスマスプレゼントの相場は年齢と関係性によって異なる

クリスマスプレゼントを選ぶとなると、まず気になるのが予算の相場です。安いプレゼントでがっかりさせたくはないし、かといって、あまりに高価なプレゼントも相手に申し訳ない思いをさせてしまうかもしれません。

クリスマスプレゼントの相場は、年齢、そして相手との関係性によって変わってきます。

例えば、相手が同じ30代の社会人であっても、自分がその人より年上か年下か、関係性は友人なのかパートナーなのか、普段どんなものを使っているかなどによっても変わってくるのです。

もし「相手の年齢に関わらず、恋人や家族にプレゼントを贈るのにふさわしい金額は?」と考えるなら、5,000円~10,000円程度が平均です。

クリスマスプレゼントの予算は、相手の年齢と自分との関係性、そして普段のライフスタイルなど、総合的に見て判断しましょう。

クリスマスプレゼントの予算相場とおすすめアイテム

大人から子どもに贈る場合は、高すぎず、でもしっかりわくわくしてもらえるプレゼントを選びたいですよね。自分と同年代の人とプレゼント交換するなら、安すぎず高すぎない、ちょうどいい予算で購入したいもの。

年代ごとに異なるクリスマスプレゼントの予算相場をご紹介します。

贈る相手が小学生の場合

小学生にクリスマスプレゼントを贈る場合の予算相場は1,000円~3,000円程度です。

小さい子どもには、お菓子やちょっとしたおもちゃで OKですよね。お金の価値がまだわからない年代であれば、それほど高価なものをあげる必要はありません。

1,000円あれば、綺麗な箱に入ったお菓子や、タオルハンカチなどの小物とお菓子のセットなども買えます。小学生の男の子ならミニカーなども喜ばれるでしょう。もう少し予算を上げるなら、ぬいぐるみや話題のおもちゃなどが人気です。

子ども同士のプレゼント交換であれば、予算は300円~1,000円程度でしょう。

贈る相手が中学生の場合

贈る相手が中学生の場合の予算相場は1,000円~5,000円です。

たまに顔を合わせる親戚などであれば、小学生のときと変わらず1,000円~3,000円程度で、贈るプレゼントもお菓子やちょっとした小物などで良いのではないでしょうか。

自分の子どもなどに「ちょっといいものを贈りたい」という場合は、高校生になっても使える腕時計、上質な文房具、ファッション小物などがおすすめです。

贈る相手が高校生の場合

贈る相手が高校生の場合の予算相場は2,000円~6,000円程度です。

大人から贈って喜ばれるプレゼントとしては、上質な文房具、ブランドのレザーの小銭入れ、キーケースなど。高校生になると服装も行動も自由にできる部分が増えるので、好みをリサーチしてバッグやファッション小物などをプレゼントするのもおすすめです。

カップルならクリスマスプレゼントの相場は2,000円~3,000円程度でしょう。バイトを頑張って5,000円~10,000円のプレゼント、というケースもあるので、友人に聞いてみるのが良さそうです。

あげるアイテムは、シンプルなアクセサリーやフレグランス、バッグチャーム、ポーチ、文庫本カバーなど、普段から使えるものが喜ばれるのではないでしょうか。

贈る相手が大学生の場合

贈る相手が大学生の場合の予算相場は、3,000円~10,000円程度です。

大学生になるとそれまでと違う場所で生活している人も多いので、離れている場合、クリスマスカードに図書カードや商品券などをつけて贈ってあげると喜ばれるでしょう。

大学生同士のカップルであれば、ブランドの小物やマフラーなどがおすすめです。他には、遊園地のペアチケットをプレゼントして一緒に遊びに行く、なんていうのも喜ばれるでしょう。

贈る相手が20代の社会人の場合

社会人になり、自由に使えるお金が増えると共にプレゼントに費やす金額も変わってきます。

20代で、友達や家族へのプレゼントなら2,000円~5,000円が相場です。女性同士なら、自宅で使えるリラックスグッズやホームケアアイテムなどが喜ばれます。男性なら、手袋などの気軽に使える小物や、ボードゲームなども盛り上がるのではないでしょうか。

20代の恋人へのクリスマスプレゼントの相場は大体10,000円~30,000円です。相手が女性ならハイブランドの小物やデパコス、相手が男性なら、仕事で使える小物やブランドのハンカチなどが喜ばれます。

贈る相手が30代の社会人の場合

30代になると、結婚している人も多くなります。独身の場合と家族がいる場合で金銭感覚が変わってくるため、プレゼントの相場は3,000円~50,000円とかなり幅があります。

気軽に贈るなら、ワインやスイーツなどの手軽で高級な食品類や、バスソルトやホームフレグランスなどのホームケアアイテムがおすすめです。

恋人同士でもっと予算がある場合は、ブランドの靴やバッグ、高級旅館への宿泊など、ラグジュアリーな雰囲気を演出できるものが良いのではないでしょうか。

贈る相手が40代~の社会人の場合

40代も過ぎると、クリスマスのサプライズプレゼントよりも、その時間を楽しみたいという人も増えてきます。人によってライフスタイルが異なるので、相場もあってないようなものです。

相手が40代~であれば、プレゼントもいいですが、大切な人とのクリスマスディナーを提案してみてはいかがでしょうか。物を贈る場合、食べ物や食器、インテリアグッズなど、上質な衣食住を連想させるものがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
今回の記事の内容をまとめると、クリスマスプレゼントの相場は次の通りです。

  • 小学生に贈る場合:1,000円~3,000円
  • 中学生に贈る場合:1,000円~5,000円
  • 高校生に贈る場合:2,000円~6,000円
  • 大学生に贈る場合:3,000円~10,000円
  • 20代~の友人や家族に贈る場合:2,000円~5,000円
  • 20代の恋人に贈る場合:10,000円~30,000円
  • 30代の恋人に贈る場合:10,000円~50,000円
  • 40代~の恋人に贈る場合:30,000円~50,000円

クリスマスプレゼントを選ぶのは、楽しい反面悩ましい作業ですよね。年代別の相場をご紹介してきましたが、適切なプレゼントの金額はこうと決まっているわけではありません。相手の好みをリサーチして、無理のない範囲で、喜んでもらえるプレゼントを探してみて下さい。

スポンサーリンク